HOME > News > JapanCheeseAward'14

_DSC7614.JPG_DSC7614.JPG

 国産ナチュラルチーズコンテスト「JAPAN CHEESE AWARD'14」が
ホテルメトロポリタンエドモンド(東京都)で10月30日に開催され、
「ファットリアビオ北海道」のチーズが金賞2つ・銅賞1つを獲得した。

_DSC7626.JPG_DSC7626.JPG

 NPOチーズプロフェッショナル協会が主催する同コンテスト。

 北海道から沖縄まで国内でナチュラルチーズを生産する61社121種類の中から、
同社が出品したリコッタチーズとカチョカバロが金賞を、モッツァレラチーズが銅賞を受賞した。

 審査は、チーズプロフェッショナル検定に合格した「チーズ評価」の
トレーニングを受けた同協会の会員78人と、各チーズ工房から参加希望した6人の計84人の審査員が
ブラインドで試食して投票する方式。

金賞受賞

イタリア職人がつくるカチョカヴァロ

IMG_9710.jpg

チーズステーキで有名なカチョカヴァロはシルキーな食感と、濃厚なミルクの風味を感じます。肉料理との相性が良く、様々なシーンにお使いいただけます。

金賞受賞

イタリア職人がつくるリコッタ

IMG_9721.jpg

ホエーを使ってつくるリコッタはお豆腐のようなソフトな食感と、ミルキーなアロマが特徴的。パンなどに塗っても、そのままハチミツやメープルなどをかけてデザートにも。

銅賞受賞

イタリア職人がつくるモッツァレッラ

IMG_9727.jpg

南イタリア伝統のモッツァレッラは、もちもちとした食感とミルクが滴るようなジューシーさが特徴。トマトやバジルと合わせてカプレーゼにするのがオススメです。

_DSC8111.JPG_DSC8111.JPG

 ファットリアビオ北海道は今年3月に創業したばかりの新しい工房。

 生産を指揮するイタリア人チーズマスターのジョバンニ・グラツィアーノは
「イタリアのチーズの味を信じて作り続けて良かった。ありがとう日本!」と受賞の喜びを爆発させた。

スクリーンショット 2014-11-23 14.33.29.png

 ジョバンニは、イタリアカラブリア州で4代続く大規模自然農場「ファットリアビオ」で
チーズマスターとして15年の経験を積んできたチーズ職人。

 初めて訪れた日本で札幌に移住し、イタリアの伝統的なチーズ手法を駆使して、
北海道産の牛乳を原材料にイタリアのフレッシュチーズ文化を広めている。

 同コンテストの受賞はすぐにイタリアの「ファットリアビオ」にも伝えられ、
地元新聞のトップを飾るなどイタリアのチーズが日本人に認められた喜びに沸いている。

東京(TOKYO)

エリオロカンダイタリアーノ

東京都千代田区麹町2-5-2半蔵門ハウス1階

0006_3-730x396.jpg

1996年のオープンから今日まで南イタリアの伝統的な料理と、イタリアの笑顔溢れるサービスの姿勢を変わらずお届けしています。



ニューヨーク グリル&バー

東京都新宿区西新宿3-7-1-2 パークハイアット東京52F

cq5dam.thumbnail.744.415.png

アートが調和するインテリア空間と、息をのむ大都会の眺望につつまれて、唯一無二のダイニング体験を「ニューヨーク グリル&バー」



札幌(SAPPORO)

トラットリア/ピッツェリア テルツィーナ

札幌市中央区北2条東4丁目 サッポロファクトリー レンガ館

IMG_4962.JPG

札幌の開拓使を代表するサッポロビール工場跡にあるイタリアンレストラン。北海道の新鮮な素材を活かした料理の数々はまさに北海道イタリアン。



株式会社ファットリアビオ北海道
工場:札幌市白石区平和通12丁目北5番20号
ウェブサイト